top of page
Sympo_2023_MainImage.jpg

第九回

高校生国際シンポジウム

International Symposium
for High School Students

文部科学省付与_ロゴ.png

2024221-22日 開催

​宝山ホール(鹿児島市)

研究要項提出

1月9日締切

高校生国際シンポジウムは全国で進められている課題研究,探究活動の発表会および審査会です.人文社会学の研究から自然科学や数学,ビジネスの分野までの幅広い分野の研究成果をスライド部門またはポスター部門にて発表します. その他,各界をけん引する方々による基調講演やパネルディスカッション,研修会,参加者対象の交流会,進路に関する座談会などがあり直に本物に触れる二日間のプログラムで、大変充実した学びの場となります.

スライド発表の最優秀発表グループおよび個人の中から,各分野の審査員および審査統括責任者による協議を行い,グランプリを決定し文部科学大臣賞の授与を行います. また,各部門,分野の最優秀発表者は,シンガポールで行われますGlobal Link Singapore*への推薦参加資格が与えられるほか,表彰対象者には証明書を発行致します.過去の表彰対象者が東京大学,京都大学,大阪大学,九州大学,慶應義塾大学等 多くの大学へ合格しています.

​協力機関

主催

Asset 5.png
  • ブラックInstagramのアイコン
  • ブラックFacebookのアイコン

協賛

(予定)

後援

文部科学省付与_ロゴ.png

沖縄科学技術大学院大学(OIST),

一般社団法人次世代教育ネットワーキング機構,等

学校法人福岡雙葉学園理事長,学校法人麻生塾塾長 麻生泰(特別協賛),株式会社 新興出版社啓林館,株式会社新日本科学,株式会社JTB,等

文部科学省,経済産業省,オックスフォード大学日本事務所,在福岡米国領事館

参加者の声

普段ならば交流のない人達と知り合うきっかけになった、貴重な時間でした.また、普段知り得ないような問題について発表を通して知ることができ、学びが深まりました.(生徒)

同世代の研究内容のレベルの高さに強く刺激を受けました.また,各分野の第一線で活躍されている方々と対話を通じて,今後の進路に対する指針も頂くことができ,大変濃い学びの時間となった.(生徒)

様々な探究・課題研究の発表・審査会に参加してきましたが,地域から国際問題,自然科学や数学に渡るまでこれほど広い分野を高いレベルで見ることができるものは初めてでした.大変勉強になる会でした.(教員)

このシンポジウムで頂いたアドバイスが大学での学びや,自分自身のキャリア形成に良い影響を与えてくれました.高校生の皆さんはこの貴重な2日間を是非大切にしてください.

(過去に参加した大学生)

LIGHT BULB.png
ACCENT.png

大会の様子

お申し込み・参加までの流れ

第九回申し込みプロセス_最終.png
申し込み

主な審査基準